書法入門 1 (隷書入門)

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,058円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

■書法の歴史から技法の常識、創作と鑑賞の仕方までをわかりやすく解説。一つの書体を極めることも、書法芸術全体の知識を深めることもできる入門書。その隷書編。

◆(訳者あとがきより)「本書は、香港の明天出版社と中国の広東人民出版社の共同出版による『新編書法叢書 隷書書写門径』の全訳です。著者の陳景舒先生は広東省南海県の出身で、若年より著名な書画家呉子復先生に師事し、現在、中国書法家協会会員、中国書法家協会広東分会常務理事をつとめておられる、広東省を代表する中堅書家です。徳に漢隸の研究に優れ、筆力雄健なその書法は高く評価されています。また、1981年には中国広州市工芸美術代表団の一員として来日されたこともあります。
隷書は、本書でも再三述べられているように、篆書からの発展という書体史上の転換点に立つと同時に、その独自の美しさによって清代以降脚光を浴びた、古くて新しい書法芸術と言えるでしょう。本書の第一部では歴史の面から、第二部では技術の面から、隷書の本質が解りやすく説かれ、第三部ではそれを踏まえて隷書の美そのものが論じられています。特に「対比と呼応」の原理に基づく明快な所論は、単独の個性を支え得る中国書法理論の厚みを感じさせてやみません。初学者はもとより、すべての隷書愛好者にとって傾聴すべき議論と実例が巧みに展開されていると言えるでしょう。」

●まえがき

【隷書概説―その歴史と展開】
〔1〕隷書体の歴史的位置
〔2〕隷書学習の近道―隷書のすすめ
〔3〕隷書の源流について
隷書の誕生/発展期の隷書―古隷/成熟期の隷書―漢隸/魏・晋から明代へ/「碑学期」の清代/広東の隷書

【隷書書法入門】
〔1〕道具の選択と使用法―「文房四宝」
〔2〕初歩の技法
姿勢について/執筆法(筆の持ち方)/運腕の方法/隷書筆画八法(基本点画)/隷書の筆病十例(陥りやすい筆病)/隷書の運筆―十のポイント/隷書の字形の結構/偏旁部首百例/隷書の章法/臨模と自運―隷書学習の四段階/手本の選び方
〔3〕字以外の修練について

【隷書の美】
筆画の美/字形の美/章法の美/境地の美

《著者》
陳 景舒
《訳者》
桃山 艸介

《出版社》 マール社

商品詳細

著者/編者: 陳景舒 編著
サイズ: 新書判
ページ数: 192頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません