書の技法シリーズ2 墨色の美しさと用具

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,620円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

◆墨色と墨・硯・紙・筆との微妙な関係を豊富な作品例で解説します。作品を「美しく」書くために用具の基礎知識とその選び方、使い方、相互の関係を懇切に説いた書を学ぶ人の必携書。

●はじめに

●墨
墨色と用具、その微妙な関係/墨色は自分の感性で決める/よい墨色を得るには―発墨について/墨の種類と色/墨選び/墨の中の膠と知識/古墨の世界/磨墨法と墨汁、淡墨について/宿墨のこと/墨の使い方と保管法

●紙
紙選びに必要な経験/画仙紙の種類と大きさ/滲みとかすれの妙、中国画仙紙/筆と紙のかみ合い、潤渇の美/筆圧・運筆と墨色、そして紙/和紙と唐紙の歴史/紙の保管と使い頃/懐紙・半懐紙・短冊・色紙の大きさ/加工紙―その種類と作り方/料紙の種類と作り方(繊維染とは/唐紙の型文様と空摺紙、描文様、下絵とは/金銀の箔で装飾した料紙/継紙―切継・破継・重継)

●筆
筆の種類/筆の四徳―すぐれた筆の条件/筆管の素材/筆選び―中国の筆、日本の筆/筆のおろし方、洗い方、保管のし方/古代中国人と筆/日本の筆/ふみてと管城子/書の線について

●硯
硯の鋒鋩と管理/硯選び/硯の扱い方/硯材の色々/硯の形/中国の硯、日本の硯/古硯と古硯うつし/古代硯/陶硯と澄泥硯/端渓硯と端硯/歙州硯/?河緑石硯(?石硯)/魯硯

《著者プロフィール》
川邊 尚風(かわべ しょうふう):昭和9年京城生まれ。高野山に学ぶ。塚本一道、大貫思水に師事。現在、日本書法院主宰。

《出版社》 知道出版

商品詳細

著者/編者: 川邊尚風
サイズ: A5判
ページ数: 162頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません