書の宇宙 18:それぞれの亡国 [明末清初]

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:2,592円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

■美しい図版を駆使して、“書の姿”が物語る宇宙を再発見する画期的な試み。
書をめぐる全ての問いかけに答えんとする石川九楊【書の宇宙】【図版+鑑賞のポイント】【この書を、こう見る】、書に人間ドラマを見る草森紳一【心と手、心の手、手の心】、謙虚なシロート夏目房之助の悪戦苦闘コラム【筆線の狩人】、日中の書論を軸に時代と書を検証する大野修作【書と書論】、碩学の寄稿により漢字文化圏の諸相を明らかにする【東アジアの時空】の諸編で構成されています。

◆(書の宇宙) 18:それぞれの亡国 [明末清初]

【書の宇宙】 紙は、石碑と化してゆく/石川九楊
【 図  版 】 張瑞図、黄道周、倪元ロ、王鐸、傅山、他
【この書を、こう見る】 石川九楊
【東アジアの時空】 明末の社会―そこに生きた人々/山根幸夫
【心と手、心の手、手の心】 墨中遊戯―徐渭花鳥図巻/草森紳一
【書と書論】 明末清初の浪漫派書人群像/大野修作
【筆線の狩人】  カスレと滲み・筆と絹/夏目房之助

《出版社》 二玄社

商品詳細

著者/編者: 石川九楊
サイズ: A4判変型
ページ数: 96頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません