原色かな手本 13:筋切・通切

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:3,780円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

■「平安朝の仮名古筆に示される王朝人の高い美意識と洗練をつくした妙技は日本美の極致であり、優美をきわめる料紙の色彩の取り合わせや華麗な下絵は、水茎のあとと相まって典雅な品格をかもして比類がない。」
 『原色かな手本』は、名筆を原寸・原色で忠実に再現。折手本として美しく装丁されたシリーズです。

◆〔13:筋切・通切〕〔伝藤原佐理筆〕
古今集の断簡。料紙に施した銀泥の界線から筋切、また裏面に篩(ふるい)のような布目のあるところから通切と呼ばれます。藤原行成の曾孫、定実の筆と推定されています。断簡二十八点(原帖の四十頁分)を収録。

《出版社》 二玄社

商品詳細

サイズ: 245*110mm
ページ数: 41開

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません